2014年12月04日

LEGOブロックを使って「数」の学習

LEGOブロックを使って、数を数えることができます。
例えば、下の写真、ブロックは何個ありますか。

DSC02059.JPG



集めて積み上げるとわかります。

DSC02061.JPG


6個ですね。このくらいだとすぐにわかりますが、

数が多くなっても同じように数えることができます。

DSC02063.JPG


10個ずつつなげて、10の単位で何本あるか、それ以外で何個あるかで数を数えることができます。

DSC02067.JPG


47個ですね。



また、こんな使い方も出来ます。

ここにパッと見たところ何羽いるのか分かりにくい鶏の絵があります。

DSC02069.JPG


何羽いるのか数えるには、顔の上にブロックを置いてみます。

DSC02070.JPG



そして、先ほどと同じ、10個ずつつなげて、10の単位で何本あるか、それ以外で何個あるかで数を数えます。

DSC02072.JPG


13羽いますね。


この考え方は小学校1年生の「さんすう」の学習でも学びます。
また、小学校3年生での「棒グラフ」の学習にもつながっていきます。


このように、身近なブロックを使うと実生活の一部(遊びの延長)として学び取ることができます。

DSC02076.JPG




新年度体験レッスン受付開始は 2015年1月12日(月・祝)から!
詳しくは http://www.h3.dion.ne.jp/~scole/new_student2015.html





posted by scole at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック