2016年07月07日

レゴブロックで秤を作ってみました。

タイヤやモーター、おもりブロックなど、5種類の異なる大きさ・形・重さのブロックを

重いものから順に並べてくださいという問題を出しました。


DSC03490.JPG


手でもってみて予測を立てます。形が異なるため、感覚的には重さが同じくらいでよく分から無いものもあり

どうすればいいか考えました。そして、てこの原理を使った秤を作りました。


DSC03531.JPG


上の部分にものを載せると下のタイヤ部分が上がっていき、そのあがった角度によって

重さを計測するというものです。


DSC03534.JPG


感覚的には同じでも、秤に載せると全く違うものもあり、驚きました。

また、コインを5枚、10枚はかってみてその重さを目盛に、

袋の中に入っているコインは何枚かを推測するゲームもしました。


DSC03493.JPG


ぴたりと当てられることができてとてもうれしそうでした。


DSC03502.JPG


ちなみに、てこの原理なので、おもりのタイヤの数や位置を変えると

幅広い重さをはかることが出来ますよ。


夏休み短期教室のお申込み・詳細は
http://www.h3.dion.ne.jp/~scole/summer.html

申し込み締め切りは7月13日(水曜日)!どうぞお気軽にお越しください



福岡でレゴブロックを使った学び・習い事なら「スコーレ・アソカ」
http://www.h3.dion.ne.jp/~scole/


イベント依頼もお気軽にご相談ください。
http://www.h3.dion.ne.jp/~scole/event.html



posted by scole at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック